ワインショップの「シャネル シャネルの名前のほかにファッション、香水、バッグ、ワインショップがあることを知っていますか? シャトー=ラ=セグラ(chateaurauzan-segla)は、フランス・ボルドーにあるマルゴー(Margaux)産の荘園。酒荘の歴史は古く、財力の豊かな名門ラウザン家に属していた。鲁臣家の入念な世話の下で、鲁臣世家荘園の制品のワインの美名は遠くにも広がり、多くの著名人の心を捕らえた。1787年に駐仏大使だったトーマス・ジェファーソン(ThomasJefferson、1801年-1809年第3代アメリカ合衆国大統領)はボルドーを訪れ、ルシン家の荘園のワインを味わった。 魯臣世家の荘園建築 1866年、鲁臣家は2世紀の経営の後、最終的に鲁臣世家荘園を売却し、以来酒荘は何度も易主になり、1994年まで、鋭い触覚を持つシャネルグループは鲁臣世家荘園の巨大な潜在力を見て、鲁臣世家荘園を購入した。シャネルが主な酒荘に入った後、酒荘に対して大掛かりな改革を行い、例えば酒蔵の改修、醸造設備の更新、葡萄園の排水システムの最適化及び葡萄藤の再栽培などを行った。2011年の正逢鲁臣世家荘園誕生350周年を迎え、シャネルグループはファッション業界「老仏爷」カール・ラガーフェルドを特別招待し、この年に発売された2009年の正牌酒設計記念版酒標をデザインし、この年の醸造の意義を更に増加させた。 カノン酒荘 シャトー・キャノンはサン・エミリオン(saint-emilion)の石灰岩高地にあり、ここから村を見下ろす。1760年、ジャック・キャノン船長がこの農園を購入した。その後、カノン酒荘は数回主になり、優秀で安定したワインの品質を利用して、サン・エメロン1級Bなどの酒荘に評価された。